パワーアップして再登場!プエラリア高含有クリーム フィロU【プエラリアの専門店【プエラリアプラザ」】

フィロUクリーム

■カサカサした肌に
■毛穴対策、アダルトにきび対策
■くすみの気になる肌に

◆テレビでも話題、大人気のプエラリア含有クリーム

フィロIIクリームの商品情報

【商品名】
フィロIIクリーム

【内容量】
15g

【使用上の注意】
お肌に異常のある時や赤みなどお肌に異常が出た場合は、   使用を中止して下さい。
    赤ちゃんやお子様の手の届かない場所に保存して下さい。

【成分】
プエラリアミリフィカ根エキス・蒸留水・ジメチコン・
    α-アルブチン・モノステアリン酸グリセリン・ポリエチ    レングリコール200・ローズヒップオイル・スクワラン    オイル・パラオキシ安息香酸メチルエステル・香料・トリ    エタノールアミン・キサンタンガム・フェノキシエタノー    ル・アラントイン・カルボキシビニルポリマー

フィロUクリームの通販情報はこちらへ
posted by philo at 00:28 | フィロUクリーム

フィロUクリームの使用方法

●はじめの3日間
フィロUクリームで顔をよくマッサージします。
マッサージ後、フィロUクリームクリームをしっかりと、きれいにふき取ります。
きれいにふき取ってから、再度フィロUクリーム塗ります。

これにより毛穴に溜まった汚れは取り除かれ、かたくなっていた角質はやわらかくなってポロポロとはがます。(マッサージしている時に指先にボロボロとした感じがすることがありますがこれは肌の汚れです。)

きれいな肌への第一歩がその日から始まります!



●4日目以降
汚れ落としのマッサージは必要ありませんので、洗顔、化粧水後にフィロUクリームを塗ります。

いよいよ透明感美白の始まりです!
posted by philo at 23:31 | フィロUクリーム

プエラリアとは?

お化粧の崩れを防ぎます!
毛穴の引き締め・お顔の産毛の抑毛効果も!


タイ医学会の大発明と言われるプエラリア・ミリフィカは、タイ国の山岳地帯に自生するマメ科の植物です。

この植物の自生する地域の女性は、色が白く美しいボディーラインをしている事から研究が始まりました。

研究の結果、その要因は、彼女達が食しているプエラリアである事が判明しました。そのプエラリア・ミリフィカは、女性ホルモン(エストロゲン)と働きを似た働きをすることから美容面にも非常に期待されております。
タグ:プエラリア
posted by philo at 00:48 | フィロUクリーム

肌に深く関係するフィロUクリームの成分

肌の細胞が求めている成分は、ビタミンやコラーゲンだけではありません。それよりももっと深く関係しているのが、女性ホルモン(エストロゲン)なのです。

女性ホルモン(エストロゲン)は、皮下のコラーゲンを厚くするのに非常に重要な役割があります。

フィロUクリームに配合されているプエラリアは、女性ホルモンに似た働きをするといわれている植物です。

プエラリアは、コラーゲン層を厚くすると共に、ヒアルロン酸を増やす働きを持っています。

また、メラニンを作り出すメラノサイトに働きかけ、シミの生成を抑えます。
また、過剰な皮脂分泌をおさえる働きがあります。


フィロUクリームの詳しい効果はこちら!→
タグ:プエラリア
posted by philo at 22:24 | フィロUクリーム

フィロUクリームの美白成分とは?

フィロUクリームの美白成分は一般の化粧品と違うの?

美白成分でよく知られているものとして「ハイドロキノン」という成分があります。

これは、皮膚科のお医者さんが使うシミ治療クリームの代表的な成分ですが、肌にダメージを与えやすい(肌が赤くなる等)ことにより、お医者さんのご指示の基にお使いになられる方が良いものです。

一方「アルブチン」という成分は、コケモモなどの植物に含まれる成分で、「ハイドロキノン」を糖と合成し、一般には「β−グルコシド型」の配糖体を作って、肌へのダメージを抑えます。


フィロUクリームの美白成分とは?

一般の化粧品では「アルブチン」を使用しているものが多いのですが、フィロIIクリームに使用されている「α−アルブチン」は、この一般的な「アルブチン(β−アルブチンといわれるもの)」とは異なり、「ハイドロキノン」に「グルコース」を特殊な配糖化酵素でα結合で転移させた成分にすることにより、美白への効果をさらに高めています。(しかし、肌細胞に損傷を与えないことが明らかにされています。)

その実力は、マシュルームと人(HMV―U細胞)由来の『チロシキナーゼ活性に対するα−アルブチンとβ−アルブチンの阻害効果の実験データ』から、「α −アルブチン」は「β−アルブチン」とは異なり、「チロシキナーゼ」のみを選択して、さらに「β−アルブチン」よりも10倍以上の阻害効果をもっていることが明らかになっています。(原料メーカーのデータより)


フィロUクリームの商品の詳細はこちら!→
posted by philo at 00:32 | フィロUクリーム

フィロUクリームの美肌成分

シミやソバカスってどうしてできるの?

日光の紫外線やストレスなどによって、皮膚の中では活性酸素が発生します。

その刺激によってメラニンを造るためのメラノサイトが活性化されます。

この活性化されたメラノサイトは、メラニン生成の原因となる酵素「チロシナーゼ」の働きを活性化させます。
その結果、酵素「チロシナーゼ」によって、メラノサイトの中にある「チロシン」という物質がメラニンに変換されて、シミやソバカスを生み出すのです。


フィロUクリームの美肌成分α−アルブチンは、シミやソバカスの元になる「チロシナーゼ」に直接働きかける成分です。

フィロUクリームの商品の詳細はこちら!→
posted by philo at 17:28 | フィロUクリーム

フィロUクリームの美肌の3つのポイント

フィロクリームがパワーアップしてフィロUクリームとなりました。
フィロUクリームの美白、美肌の3つの特徴です♪

ポイント1 フィロUクリームの成分 α-アルブチン

紫外線やストレスによって、メラニンを生成する細胞の中では「チロシナーゼ」という酵素 の働きが活発になり、シミ・ソバカス・日焼けの原因となるメラニンが生成されます。

α−アルブチンは、この酵素「チロシナーゼ」に、直接働きかける成分なんです。


ポイント2 フィロUクリームの成分 ローズヒップオイル

厳選されたアンデス産の原料で製造されたローズヒップオイルは、肌細胞の成長に欠かすことのできないリノール酸やガンマリノレン酸を多く含むため、肌細胞を再生し、細胞膜を強化します。
また、肌に大切なビタミンB・C・E を多く含んでいるので、皮脂の酸化を抑え、ニキビやニキビ跡でお悩みの方にとても好評です。

そのほか、「油で油を溶かす」というように、油には油性の汚れを落とす働きがあるため、いい油でマッサージすることにより、毛 穴に詰まった皮脂や汚れをかき出して肌をクリーニングし、きれいな肌の基盤を作り上げることができます。


ポイント3 フィロUクリームの成分 ローズの香り

ドイツの研究では、記憶力を高めるためにバラの香りが役立つことが発表されています。
香りをかぎながら学習し、眠りが深いときにも同じ香りをかぐといいようです 。

睡眠中の脳を「機能的磁気共鳴断層撮影装置(fMRI)」という装置で見ると、香りを嗅がせているときは、記憶をつかさどる脳の海 馬が活性化することが確認されています。


フィロUクリームの商品の詳細はこちら!→
posted by philo at 22:59 | フィロUクリーム

フィロUクリームはプエラリア高含有

フィロUクリームは、プエラリア高含有クリームです。

フィロUクリームは、プエラリア高含有クリームに加えα-アルブチン配合でシミの元から美肌を目指します。

フィロUクリームは、
クロワッサン、Hanako、ミスターパートナー、結婚ピア、きれいなからだ・・・など多数の雑誌でご紹介されています!!

フィロUクリームがローズの香りなのはα-アルブチンのほかに新たにローズヒップオイルを加えているからなのです♪


フィロUクリームの商品の詳細はこちら!→
posted by philo at 23:18 | フィロUクリーム

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。